ホーム 個人情報保護・勧誘方針

勧誘方針

  • ニーズに沿ったご案内
  • わかりやすい説明
  • 迅速かつ的確な処理
  • お客さまの声を反映
  • 法律・法令等の遵守
  • コンプライアンス(保険業法300条・保険引受・募集上の禁止行為)の徹底

次のような行為は禁止されている(主なもの)
※重要事項の説明を行わない
※虚偽の告知を勧める
※正確な告知を妨げる、告知をしないことを勧める
※不利益となる事実を告げずにすでに成立している契約を消滅させ、新たな契約の申込みをさせる
※保険料の割引、割戻しその他特別利益の提供を約す、または提供する
※個人情報の安全管理措置を怠る

個人情報保護に関する基本方針
【プライバシーポリシー】

弊社は、個人情報保護の重要性に鑑み、また保険業に対するお客さまの信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)、その他の関係法令、関係官庁からのガイドライン、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインなどを遵守して、個人情報を厳正・適切に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

弊社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように、従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

1.個人情報の取得・利用

弊社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得・利用します。
(下記8.の個人番号および特定個人情報を除きます。)

2.個人情報の利用目的

弊社は、保険会社から保険募集業務の委託をうけて、取得した個人情報(個人番号および特定個人情報については、下記8.をご覧ください。)を当該業務の遂行に必要な範囲内で利用します。

弊社は複数の保険会社と取引があり、取得した個人情報を取引のある保険会社の商品・サービスをご提案するために利用させていただくことがあります。
弊社における具体的な個人情報の利用目的は次のとおりであり、それら以外の他の目的に利用することはありません。

弊社が取り扱う損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供

上記の利用目的の変更は、相当の関連性を有すると合理的に認められている範囲にて行い、変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面(電磁的記録を含む。以下同じ。)などにより通知し、または弊社のホームページ(http://www.hoken-eiwa.com)などにより公表します。
弊社に対し保険業務の委託を行う保険会社の利用目的は、保険会社のホームページ(下記)に記載してあります。

<弊社と取引のある保険会社>

<損害保険会社>
■ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(https://www.aioinissaydowa.co.jp/
■ 東京海上日動火災保険株式会社(https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
■ 三井住友海上火災保険株式会社(http://www.ms-ins.com/
■ 損害保険ジャパン株式会社(https://www.sompo-japan.co.jp/
■ AIG損害保険株式会社(http://www.aig.co.jp/sonpo
■ au損害保険株式会社(http://www.au-sonpo.co.jp/pc/)
■ セコム損害保険株式会社(http://www.secom-sonpo.co.jp/

<生命保険会社>
■ 三井住友海上あいおい生命保険株式会社(http://www.msa-life.co.jp
■ 東京海上日動あんしん生命保険株式会社(http://www.tmn-anshin.co.jp/
■ SOMPOひまわり生命保険株式会社(http://www.himawari-life.co.jp/
■ アフラック(http://www.aflac.co.jp/
■ FWD生命保険株式会社(http://www.fwdlife.co.jp
■ 日本生命保険相互会社(http://www.nissay.co.jp
■ オリックス生命保険株式会社(http://www.orix.co.jp/
■ メットライフ生命(http://www.metlife.co.jp

3.個人データの安全管理措置

弊社は、取り扱う個人データ(下記8.の個人番号および特定個人情報を含みます。)の漏えい、滅失または毀損の防止、その他個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程などの整備および実施体制の整備など、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するための適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適当な是正対策を行います。
弊社は、個人データの安全管理措置に関する社内規程を別途定めており、その具体的内容は主として以下のとおりです。安全管理措置に関するご質問については、下記13.のお問い合わせ窓口までお寄せください。

(1)基本方針の整備
個人データの適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン等の遵守」、「安全管理措置に関する事項」、「質問および苦情処理の窓口」等について本基本方針を策定し、必要に応じて見直しています。
(2)個人データの安全管理に係る取扱規程の整備
取得、利用、保存、提供、削除・廃棄等の段階ごとに、取扱方法、責任者・担当者およびその任務等についての規程を整備し、必要に応じて見直しています。
(3)組織的安全管理措置
・個人データの管理責任者等の設置
・就業規則等における安全管理措置の整備
・個人データの安全管理に係る取扱規程に従った運用
・個人データの取扱状況を確認できる手段の整備
・個人データの取扱状況の点検及び監査体制の整備と実施
・漏えい等事案に対応する体制の整備
(4)人的安全管理措置
・従業者との個人データの非開示契約等の締結
・従業者の役割・責任等の明確化
・従業者への安全管理措置の周知徹底、教育及び訓練
・従業者による個人データ管理手続の遵守状況の確認
(5)物理的安全管理措置
・個人データの取扱区域等の管理
・機器及び電子媒体等の盗難等の防止
・電子媒体等を持ち運ぶ場合の漏えい等の防止
・個人データの削除及び機器、電子媒体等の廃棄
(6)技術的安全管理措置
・個人データの利用者の識別及び認証
・個人データの管理区分の設定及びアクセス制御
・個人データへのアクセス権限の管理
・個人データの漏えい・毀損等防止策
・個人データへのアクセスの記録及び分析
・個人データを取り扱う情報システムの稼動状況の記録及び分析
・個人データを取り扱う情報システムの監視及び監査
(7)委託先の監督
個人データの取扱いを委託する場合には、個人データを適正に取り扱っている者を選定し、委託先における安全管理措置の実施を確保するため、外部委託に係る取扱規程を整備し、定期的に見直しています。
(8)外的環境の把握
個人データを取り扱う国における個人情報の保護に関する制度を把握した上で安全管理措置を実施しています。

4.個人データの第三者への提供および第三者からの取得

(1)弊社は、次の場合を除き、あらかじめご本人の同意なく第三者に個人データ(個人番号および特定個人情報については、下記8.をご覧ください。)を提供しません。
①法令に基づく場合
②人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
③公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
④国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
⑤当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)。

(2)個人データを第三者に提供したとき、あるいは第三者から取得したとき(個人関連情報を個人データとして取得する場合を含みます。)、提供・取得経緯等の確認を行うとともに、提供先・提供者の氏名等、法令で定める事項を記録し、保管します。

5.個人関連情報の第三者への提供

(1)弊社は、法令で定める場合を除き、第三者が個人関連情報を個人データとして取得することが想定されるときは、当該第三者において当該個人関連情報のご本人から、当該情報を取得することを認める旨の同意が得られていることを確認することをしないで、当該情報を提供しません。
(2)弊社は、法令で定める場合を除き、前項の確認に基づき個人関連情報を第三者に提供した場合には、当該提供に関する事項(いつ、どのような提供先に、どのような個人関連情報を提供したか、どのように第三者がご本人の同意を得たか等)について確認・記録します。

6.センシティブ情報の取扱い

弊社は、要配慮個人情報(人種、信条、社会的身分、病歴、前科・前歴、犯罪被害情報などをいいます)ならびに労働組合への加盟、門地および本籍地、保健医療および性生活に関する個人情報(センシティブ情報)については、次の場合を除き、原則として取得、利用または第三者提供を行いません。
(1)法令等に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
(5)保険料収納事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(6)相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(7)保険業の適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合

7.個人番号および特定個人情報の取扱い

弊社は、個人番号および特定個人情報について、法令で限定的に明記された目的以外のために取得・利用しません。番号法で限定的に明示された場合を除き、個人番号および特定個人情報を第三者に提供しません。

8.個人情報保護法に基づき保有個人データの開示、訂正、利用停止など

個人情報保護法に基づく保有個人データ(上記8.の個人番号および特定個人情報を含みます。)に関する開示(確認・記録の開示を含む)、訂正または利用停止などに関するご請求については、データの保有者である保険会社に対してお取次ぎいたします。

9.お問い合わせ先

ご連絡先は下記のお問い合わせ窓口となります。また保険事故に関する照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券記載の保険会社の事故相談窓口にもお問い合わせいただくことができます。

なお、ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、ご対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

<代理店名>  株式会社 栄  和
<所在地>   和歌山市西汀丁8番地 ISC栄和ビル5F
<代表者氏名> 額田 かおり
<電話番号>  073-423-5515
<受付時間>  9:00~18:00
<E-mail>   eiwayuku@tea.ocn.ne.jp
<ホームページ>http://www.hoken-eiwa.com

※弊社からのEメール、ダイレクトメール等による新商品・サービスのご案内について、ご希望されない場合は、上記のお問い合わせ先までお申し出ください。

以上

令和4年4月1日 制定
株式会社 栄和

「お客さま第一の業務運営に関する方針」策定について

株式会社栄和代理店(以下、「栄和」とします。)は、お客さま第一の取組みを一層推進するため、金融庁が策定した「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえ、「お客さま第一の業務運営に関する方針」を策定いたしました。

当社は、「顧客第一主義」「顧客への献身」という経営理念のもと、行動指針「お客様、保険会社から信頼されるよう、コンプライアンスを遵守した募集を行い、不必要な商品のおすすめは一切行わない」とお客さま対応の行動規範として掲げる「お客さまに満足していただけるよう、万一の事故の際には夜間休日問わず親身に対応する」ことを実践しつつ、経営ビジョンの達成に向け全力で取組んでまいりました。

今後も、お客さまの利便性の向上と地域の発展・利益への貢献に向け、お客さまひとり一人ひとりを大切にしたお客さま第一の業務運営を推進してまいります。

 

お客さま第一の業務運営に関する方針 

 

方針1.『お客さまに満足していただけるよう、万一の事故の際は夜間休日問わず親身に対応する』を掲げ、お客さまに安心と満足を提供します
当社は、行動規範である『お客さまに満足していただけるよう、万一の事故の際は夜間休日問わず親身に対応する』を実践し、お客さまに安心と満足をお届けします。

方針2.お客さまニーズに合った商品・サービスを提供します
当社は、社会環境の変化に伴うリスクや多様化するお客さまニーズに迅速かつ柔軟に対応し、「お客さまの安心と満足」を実現するため、お客さまとの対話をベースに、必要かつ十分な情報提供とお客さま
の真のニーズ把握、最適な商品・サービスの提供を行います。

方針3.お客さまに寄り添った事故対応を実践します
当社は、お客さまが、迅速で適正、納得感のある保険金支払いが受けられるよう、積極的にお客さまの保険金請求のお手伝いをするとともに、経過状況の報告、専門的な立場からのアドバイスを通して、お客さまに寄り添った事故対応サービスを実践します。

方針4.お客さまの声に真摯に耳を傾け、改善に活かします
当社は、寄せられたすべてのお客さまの声に真摯に耳を傾け、迅速かつ適切に対応します。また、お客さまの声を品質の向上に向けた諸施策に活かします。

方針5.社員一人ひとりが『お客様に満足していただけるようコンプライアンスを遵守沿った募集を行い、お客様にとって必要な情報を提供する』『お客様の立場にたった提案を行い、不必要な商品のおすすめは一切行わない』を実践します
当社は、「お客さま第一」の実現に向け、『コンプライアンスの遵守と適正募集』がすべての役職員に実践されるよう浸透・徹底に継続して取り組みます。また、各種社内会議を通して「お客さま第一」の風土醸成を図ります。

「お客さま第一の業務運営」に関する具体的取り組み

「お客さま第一の業務運営」に関する具体的取り組みは以下の通りです。

方針1.『顧客第一主義』『顧客への献身』を掲げ、お客さまに安心と満足を提供します
当社は、行動規範である『お客様に満足していただけるよう、夜間休日問わず親身になって相談にのれるよう、夜間休日問わず親身に対応するを実践し、お客さまに安心と満足をお届けします。

<主な具体的取組み>
・当社は万一の事故の際にお客様に安心していただけるよう、夜間休日問わず親身になって相談にのれるよう夜間休日当番制でお客様対応を行っております。
・全社員が「万一のときに安心していただくための対応こそが我々がお届けするサービスである」ということを共通認識とし日々の業務を行います。

方針2.お客さまニーズに合った商品・サービスを提供します
当社は、社会環境の変化に伴うリスクや多様化するお客さまニーズに迅速かつ柔軟に対応し、「お客さまの安心と満足」を実現するため、お客さまとの対話をベースに、必要かつ十分な情報提供とお客さまの真のニーズ把握、最適な商品・サービスの提供を行います。

<主な具体的取組み>
・お客様の家族構成、ご加入いただいている保険一覧(あんしんの輪)をもとに、リスクに対して不足している備えはないか、または重複しているなど不利益で無駄な補償がないかなど確認を実施してまいります。
・お客様が抱えるリスクについて分かりやすくご説明できるよう、商品内容をビジュアルに例示した「商品パンフレット」や個別のお客様ニーズに基づいて試算した「おすすめ設計書」等を活用し、お客様それぞれにあった商品内容をご理解いただけるよう、分かりやすい説明を行います。

方針3.お客さまに寄り添った事故対応を実践します
当社は、お客さまが、迅速で適正、納得感のある保険金支払いが受けられるよう、積極的にお客さまの保険金請求のお手伝いをするとともに、経過状況の報告、専門的な立場からのアドバイスを通して、お客さまに寄り添った事故対応サービスを実践します。

方針4.お客さまの声に真摯に耳を傾け、改善に活かします
当社は、寄せられたすべてのお客さまの声に真摯に耳を傾け、迅速かつ適切に対応します。また、お客さまの声を品質の向上に向けた諸施策に活かします。

方針5.社員一人ひとりが『お客様に満足していただけるようコンプライアンスを遵守沿った募集を行い、お客様にとって必要な情報を提供する』『お客様の立場にたった提案を行い、不必要な商品のおすすめは一切行わない』を実践します
当社は、「お客さま第一」の実現に向け、『コンプライアンスの遵守と適正募集』がすべての役職員に実践されるよう浸透・徹底に継続して取り組みます。また、各種社内会議を通して「お客さま第一」の風土醸成を図ります。

Webから無料相談予約