お知らせ イベント・えいわトピックス

ホーム お知らせ イベント・えいわトピックス えいわトピックス 12月コラム 風邪のウィルスに打ち勝つ!!

2018年12月07日(金)

えいわトピックス

12月コラム 風邪のウィルスに打ち勝つ!!

12月に入り暖かい日が続いたり、急に寒くなったりと、気温差に体がついていかないのではないでしょうか?今月のコラムは、この冬風邪をひかない体づくりと風邪をひいてしまったらどうするのかということにスポットをあててみます。

風邪予防にはウイルスにさらされないことウイルスに負けない免疫力をつけること大切です。

ウィルスにさらされないようにするためには、マスクや手洗いうがいを徹底することです。

同じ環境で過ごしていても、体力や免疫力が低下している人はウイルスに感染しやすくなります。風邪に負けない身体づくりのために、次のことを実践しましょう。

  • しっかり睡眠をとる…睡眠は体力や身体の機能回復に欠かせません。
  • 十分に栄養をとり、適度に運動する…免疫力を高めるためには十分な栄養が必要です。風邪予防には、免疫物質のもととなる「たんぱく質」免疫力を高める「ビタミンC」粘膜を丈夫にしてウイルスの侵入を防ぐ「ビタミンA」を積極的に摂りましょう。また、適度な運動は風邪に負けない体力づくりや、免疫力の向上に役立ちます。
  • なるべく薄着を心がける…厚着は気温の変化に身体が順応する力を弱めて、抵抗力の低下につながります。

免疫力を高めるためには腸内環境を整えることが大事です。食物繊維を多く含んでいる野菜や納豆・ヨーグルトなどの発酵食品を日々のメニューに取り入れて、腸内環境を正常に保つことが、風邪をひきにくい体づくりに繋がります。

冬は空気が乾燥しやすくなります。空気が乾燥すると風邪のウイルスも乾燥し軽くなります。乾燥し軽くなったウイルスは空気中を漂い、人の体内に侵入しやすくなります。 また空気の乾燥によって喉の粘膜が乾きウイルスに対する防御機能が低下しますので、そのことが冬に風邪をひきやすくなる要因のひとつになっています。加湿器を使って50~60%の湿度を保ちましょう

風邪をひいてしまったら…

  • まず、十分な休養と睡眠をとりましょう。
  • ウイルスにより胃腸が弱っている時は、おかゆなど温かく消化が良いものを食べましょう。
  • 発熱や炎症があると体内の水分を消耗します。水分補給を十分に行いましょう。
  • 体力も消耗しやすいため、たんぱく質や糖質などでエネルギー補給をしましょう。

 

 

無料相談予約